住宅ローン 金利

住宅ローン金利比較と繰上返済手数料について

住宅ローン金利比較をする目的は、借り入れにかかる利息というコストを抑えることです。住宅ローン金利比較によって低い金利の契約をすることができれば利息の金額を安くすることができます。利息を多く支払いたいという人はいないと思いますから、金利の低い住宅ローンを選ぶのは良い選択方法だと考えられます。
利息の金額を小さくする方法は他にもあって、早く返済をしてしまうのが効果的な方法です。

 

当初の返済計画よりも早く返済することを繰上返済と呼びます。すべて返済してしまう場合と一部を返済してしまう場合との二つがあるのですが、どちらの場合にも返済期間を短くすることができますから、支払う利息の金額も小さくすることができるというメリットがあります。

 

このときには手数料がかかる場合があります。これが繰上返済手数料と呼ばれるものです。繰上返済手数料はそれほど高い金額ではありませんが、何度も繰上返済をすると積み重なって大きな金額となる場合もあるでしょう。そうなると繰上返済をすることによるメリットは薄れてしまいますから、繰上返済をしようと考えているのであれば手数料が無料の金融機関を選ぶのが良いでしょう。ネット銀行をはじめとして多くの金融機関がこれに対応しています。

住宅ローン金利比較と金利の動向について

ここ最近で住宅ローン金利の引き上げを行う金融機関が増えるなど、利上げに向かう傾向が見えてきています。住宅ローン金利比較をしている人にとっては、このような利上げの状況についてある程度は知っておく必要があります。住宅ローン金利比較をする目的は、少しでも利息の金額をやすくしようと考えたからだと思いますが、それ以外の条件についても把握しておくことが必要です。この視点に立って考え、住宅を手に入れてきちんと返済できるかどうかを考えるべきでしょう。

 

利上げは今後も続く可能性がありますし、まだまだ低金利の状態が続く可能性もあります。これを予想できないというのが現状だといえるでしょう。ですから、金利が低い状態に維持されることに賭けて、変動金利で利息を抑えるという方法も考えられます。これも一つの考え方です。

 

しかし、何十年後かに金利が上昇して返済できなくなる可能性はあります。このような状況に対応することは必要となってくるでしょう。固定金利は金利が少し高いですから支払う利息の金額も高くなりますが、利上げのリスクに対応することはできます。この点では、やはり固定金利で住宅ローンを組んでおくメリットは大きいでしょう。

 


Warning: file(http://www.amieproject.com/l-cntrol/mg001/link/58) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/sark131/public_html/www.njpack49.com/index.html on line 58

住宅ローン金利比較:景気の変動について

住宅ローン金利比較で最も読みづらいのが、景気の変動です。住宅ローンは契約時に、現時点での金利を完済まで維持するか、一定期間ごとに金利を見直すか、一定期間は金利を固定しておき、その後見直しがたにするかなどの選択をしなければなりません。借り入れ時点では、一定期間ごとに見直しをする変動金利が最も低金利になっていますが、その後景気が上向いて全体的に金利が上ってくると、固定金利よりも利率が高くなっていく可能性があります。

 

一方、一定期間または完済まで金利を維持する固定金利の場合、少なくとも金利が上るというリスクは避けられますが、今後さらに利息が下がった場合、現状維持になりますので低金利の恩恵を受けることができません。住宅ローンは完済までに何十年もかかる長期間の借り入れですので、住宅ローン金利比較をする上でどれが一番良いかというのは決めることができません。

 

現在の金利ならば十分完済できると考えるのならば固定金利が良いでしょうし、今後金利が下がるであろうと予測しているのであれば、変動金利や数年固定金利を選ぶと良いでしょう。仮に思惑と違っても、審査を受けて契約内容を見直すことは可能ですので、大きく変化があれば申込む方法もあります。